ビルオーナーが教えるトイレはリフレッシュ空間

The following two tabs change content below.
髙木 秀邦
次世代型出世ビルCEO 東京都府中市出身/早稲田大学商学部卒 信託銀行系大手不動産仲介会社を経て株式会社高木ビル専務取締役へ。 東京都中心に自社ビル・マンションの設計開発~管理運営をおこなっている。 オフィスビルの新たな価値創生を掲げ活動している。 宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士/相続士

オフィスの移転に際し、企業の担当者の皆さまはまず候補物件の選定を行い、おおむね希望ニーズに合致するものが出てきたところで、実際にオフィスビルの「内見(=現地見学)」をされることとなります。
本シリーズでは、そんな企業のご担当の皆さまに、オフィスビルの選び方ポイント、オフィスビルの裏側やビルのよっての違いについて「ビルオーナー目線で」お伝えしていきます。

 

トイレについて意識していますか

今回は「トイレ」についてお話していきたいと思います。

「トイレ」、、、

実はオフィスビルの設備の中でこの20年で最もその意味が変わった部分といっても過言ではないかもしれません。

ひところは「トイレ」=「用を足すところ」のみの意味付けしかなく、

貸事務所スペースをいじめない様にトイレを極力狭くする設計や、

見た目よりも清掃などの利便性を重視したデザイン・素材選びを採用するケースが断然多かったと思います。

 

しかし、
昨今では、在オフィスのワーキングタイムをいかに心地よく過ごすことができるかといったことを入居企業側も考える様になったことで、特に女性用トイレを中心に「用を足す」+アルファの価値付けをする様な設計・デザインが増えてきました。

例えば、
「手洗い洗面部分以外に化粧スペース(パウダーコーナー)を設ける」「全身鏡を出入口付近に設置し身なりの最終チェックができるコーナー」「オフィス利用者用の簡易物入れを設置する」「歯磨き専用シンクの設置」などが代表的なものです。

特に女性トイレの化粧コーナー等が充実していると、そこでお化粧をする時にコミュニケーション・会話が生まれ、職場人間関係の構築に一役買っている、という効果もあります。

また、
大型ビル等においては、あえて眺望の良い窓面にトイレを広々配置して「トイレ内の窓から眺望を楽しめるトイレ」なんていう、それこそ「リフレッシュルーム」としての価値を造っているオフィスビルもあります。

 

弊社最新の虎の門髙木ビルにおいても、この様な発想から限られた面積ながら女性トイレをより広く配置し、パウダーコーナー・小物入れの設置等の利便性向上のうえ心地よい空間づくりを実践いたしました。

テナント様にはご好評いただいており大変うれしい限りでございます。

今後、個人的には、男性用トイレにもより「男性ならではの喜ばれるスペースづくり」のアイディアを練っていきたいですね。

 

皆様、

希望のオフィス移転実現の為に、

ご内見の際にはトイレにもご注目ください!

オフィス移転の担当者に指名されたら その2

オフィス賃貸借契約と民法改正①連帯保証人とは

関連記事

  1. オフィス移転をする際に管理部がすべき必要事項

    「オフィス移転の担当者に指名されたら」という話は、以前山本のブログで紹介しました。や…

  2. オフィスの移転費用いくらかかる?原状回復編

    オフィスの移転費用、いくらくらいかかるかご存じですか?③原状回復編引越し費用だけでなく、オフィス…

  3. ビルオーナーが教えるビル選び 耐震基準とは

    旧耐震でも安心?~ビルオーナーが教えるオフィスビルの選び方⑥~オフィスの移転に際し、企業の担当者…

  4. ビルオーナーが教えるビル選び 外見編

    内見時、「外見(がいけん)」のススメ! ~ビルオーナーが教える「内見前に知っておきたいオフィスビルの…

  5. 西新宿髙木ビル 内覧会レポート

    西新宿髙木ビル、大盛況の内覧会3月9日、西新宿高木ビルの内覧会が行われました!&…

  6. オフィス引越に段ボールってどのくらい必要?

    初めて投稿させていただきます。「引越」「残置物撤去」担当の株式会社E3岩崎です。「業務にあた…

  7. オフィス移転を判断するタイミング

    こんにちは。近藤です。皆さまはオフィス移転を判断するタイミングはどのように判断をしておりますでしょう…

  8. 管理会社が考える原状回復レポートその1

    管理会社が考える知っておきたいオフィスビルのあれこれ〜入居工事・原状回復工事:OAフロア編〜…

PAGE TOP