オフィス賃貸、預けた敷金はいつ返ってくる?

The following two tabs change content below.
本庄 悠太朗

本庄 悠太朗

次世代型出世ビル 保証コンサルタント

預けた敷金、いつ返ってくる?

 

オフィスを借りる際、『保証金』『敷金』を物件オーナー様に預けます。
これは『支払う』お金ではなくあくまで『預ける』お金ですので、後で返してもらえるお金です。

では、いつ返してもらえるか、ご存知ですか?

今回は、預けた保証金・敷金がいつ返ってくるかをお教えします。

退去時に返ってくるわけではない

『今のオフィスを借りる時に預け入れた敷金があるから、これを返してもらえば、移転先のオフィスに預け入れられる』と 考える方がいますが、これは大きな間違いです。

例えば、元々入居しているオフィスで500万円の敷金を預け入れているとしましょう。この時、移転先のオフィスに1000万円の敷金を預け入れる必要があるとします。

この場合、『500万円返ってくるから、追加で500万円だけ用意すれば良い』と考えるのは間違いです!

敷金を預け入れるタイミングと、返ってくるタイミングをしっかり把握しましょう。
敷金を預け入れるのは、賃貸借契約締結まで、ということが多いです。

 

逆に、預けている敷金が返ってくるのは、賃貸借契約終了後、3ヶ月~6ヶ月後ということが多いです。
オフィスを移転するにあたっては、遅くとも移転入居の1~2ヶ月前には、移転先のオフィスの契約を締結する必要があります。

例えば、7月に移転をしたいのであれば、5月中には契約締結しなければなりません。

しかし、今のオフィスにて預けている敷金が返ってくるのは、9月や10月になります。

つまりこの3~6ヶ月の期間、敷金を二重で預け入れる必要があります!

 

また、預けた敷金は全て返してもらえるとは限りません。

元々500万円の敷金を預けていたから、『返してもらえれば500万円資金として使える』と当てにしていませんか?
敷金は原則、入居時にオーナー様へ預け入れ、退去時に返してもらえるお金ですが、敷金の『償却』という取り決めがある場合、償却分については、返還されません。

例えば、【敷金】月額賃料の12ヶ月分【償却】3ヶ月分との契約の場合、入居時に預け入れる敷金は12ヶ月分ですが、退去時に返してもらえる敷金は12ヶ月分ではなく、償却の3ヶ月分を引いた9ヶ月分となります。

初めの例に戻れば、『500万円返ってくるから、500万円だけ追加で用意すれば良い』というのは大きな間違いで、場合によっては追加で1,000万円以上キャッシュアウトしてしまうこともあります。

 

敷金の返還の時期・償却の有無については賃貸借契約書に記載があるはずですので、後から『え、想定と違う…』ということにならないように、しっかりと確認しておきましょう!

 

オフィス移転を判断するタイミング

ビルオーナーが教える「エントランス」

関連記事

  1. オフィスの移転費用いくらかかる?原状回復編

    オフィスの移転費用、いくらくらいかかるかご存じですか?③原状回復編引越し費用だけでなく、オフィス…

  2. 今後の東京賃貸オフィスマーケット

    現在のオフィス賃貸マーケットを解説、今後の不動産マーケットを占います。現在はオーナー優位の市況感…

  3. 「上から目線」なんて「もっての外」

    「オフィス移転」「中古買取」「残置物撤去」担当の株式会社E3岩崎です。今日は現場作業中に普段…

  4. オフィス移転の担当者に指名された人が読む話

    オフィス移転を検討し始めたら!こんにちは!日本商業不動産保証の山本です。突然ですが、ある…

  5. 管理会社が考える原状回復レポートその2

    管理会社が考える知っておきたいオフィスビルのあれこれ〜管理会社の日常編〜「原状回復レポー…

  6. 管理会社が考える原状回復レポートその1

    管理会社が考える知っておきたいオフィスビルのあれこれ〜入居工事・原状回復工事:OAフロア編〜…

  7. ビルオーナーが教えるビル選び 階段の重要性

    階段でビルがわかる!~ビルオーナーが教えるオフィスビルの選び方⑤~オフィスの移転に際し、企業の担…

  8. ビルオーナーが教えるビル選び 契約面積は二種類あるの?

    契約面積って二種類あるの?~ビルオーナーが教えるオフィスビルの選び方④~オフィスの移転に際し、企…

最近の記事

保証金半額くん
PAGE TOP