オフィス移転を判断するタイミング

The following two tabs change content below.
近藤 優亮

近藤 優亮

営業部 設計事務所、建設系人材派遣会社を経て日本商業不動産保証へ。 趣味/野球・お酒・スポーツ観戦

こんにちは。近藤です。皆さまはオフィス移転を判断するタイミングはどのように判断をしておりますでしょうか?空き物件による・エリアが定まってから探す・手狭になった等色々な判断基準があるかと思いますが今回では移転を判断するするタイミングで重要なポイントについてお話をさせて頂きます。

会社の移転が多くなる時期

まず、企業が一般的に移転が多くなる時期はご存知でしょうか?

答えとしては5月です。

理由はやはり会社のスケジュールによるものが多く4月からの新体制も落ち着き新入社員の研修も終わり配置決めをするタイミングで移転を考える企業が最も多いので移転は5月に集中します。
ここでポイントとなるのが物件選定の時期になります。
5月に移転する企業が多いという事は、多くの企業が5月の移転に合わせて物件を選定しているという事ですので解約通知の6ヶ月前~10ヶ月前で物件を選定している企業が多いという事になります。

他社より早く物件を選びたいという方は約一年前に当たる3,4月くらいから物件選びを始めるといい物件に巡り会えるかもしれません。

 

次にポイントとなる点は、費用面です。
オフィス移転の際は一般的に敷金が8~12ヶ月かかってきます。
またプラスで新しいオフィスの内装費や旧オフィスの原状回復費などもかかってくるのでこの部分を賄いきれるくらいの資金がないと移転後も資金がない、事業に投資が出来ないという事になってしまうので、資金繰りの面でもいい点もタイミングは慎重になるべきです。
移転をしたいという前の会社の財務状況や移転後に資金繰りも計算に入れて慎重に移転のタイミングを考える必要があるのです。

 

そして、次のポイントは人材のリクルーティング計画とのタイミングです。
いつまでに何人の人材を増やすのか、また計画通りに採用が進んでいるか進められるかといった計画と移転のタイミング密に繋がっています。

オフィス環境は仕事の成果に直接的に関わっており、仕事のしやすい環境を整備することが会社としての責任でもあります
。私は以前、一つのデスクにPC二台で椅子を二つ並べで仕事をした時期がありましたが、書類は置き場所がないわ肘を畳みながら仕事をしなくてはならないわで全く仕事がはかどらない時期がありました笑
これは極端な例かもしれませんがそういった事態にならないよう一人一人が広めのスペースを確保できるように人材の数に合わせて移転の計画する必要があります。

一般的に一人当たり3坪の計算がオフィス環境としては適しているというデータがあり100人の人材を一年後まで増やす計画があるならば一年後には300坪のオフィスを移転しなければならないという事になります。

 

いかがでしょうか?物件選びの際は以上の3点のポイントに注意をして選びオフィス移転をより良いものにして頂ければ幸いでございます。

 

管理会社が考える、設備メンテナンス。人も設備も磨けば光る

オフィス賃貸、預けた敷金はいつ返ってくる?

関連記事

  1. 続・女性目線で見る「トイレ」論

    みなさんこんにちは、社内のガヤ担当、営業部の大川です。一番初めに投稿したトイレの記事が好評だ…

  2. オフィスの移転費用いくらかかる?原状回復編

    オフィスの移転費用、いくらくらいかかるかご存じですか?③原状回復編引越し費用だけでなく、オフィス…

  3. オフィス移転にバーチャル内覧

    物件選びに最新技術を導入!物件選定は写真が重要オフィスの移転を検討する際、今の時代、まずはイ…

  4. 敷金(事業用)とは何か及び敷金額の考え方

    オフィス賃貸における敷金とは敷金とは家屋などの不動産の賃貸借で、賃借人(テナント・エンド(法人)…

  5. 女性が重視するポイントでオフィスを選びませんか?

    女性にとって『いいオフィス』の基準は、男性に比べて厳しいです。オフィス環境のいい企業が人材募集をして…

  6. 女性目線で見る「トイレ」論

    みなさんこんにちは。営業部の大川と申します。昨年11月に日本商業不動産保証に入社し、日々ベン…

  7. オフィス賃貸、預けた敷金はいつ返ってくる?

    預けた敷金、いつ返ってくる?オフィスを借りる際、『保証金』『敷金』を物件オー…

  8. 即日入居可能でも・・・実は時間がかかるオフィス移転

    オフィスを借りる際、どれくらい前から物件探しを始めたら良いか、ご存じですか?『空き室の物件な…

日本商業不動産保証フラットオフィスへ飛ぶ

最近の記事

PAGE TOP