サイトが重い?読み込み速度改善

The following two tabs change content below.
西川 祐矢

西川 祐矢

次世代型出世ビル 運営事務局WEB担当 『オフィスビルジャーナル』管理人  ガジェットと野球と旅行好き。WEBなんでも屋。

サイトを作成したけれど、SEOがなかなか上がらない。
もしかすると、それは読み込み速度が問題かもしれません。

情報がなかなか入ってきにくいWEB担当者のために情報を共有させていただきます。

Googleに対応するために

上記のようなコーポレートサイトを作成しました。

まずチェックすることは・・・

モバイルフレンドリーテスト

Googleはスマートフォンを優先することを表明しています。
いわゆるMFI(モバイルファーストインデックス)となります。
※年内に実施するとの話でしたが、技術的な対応が予想より時間がかかるとのことで来年になりそう、というのが最新情報です。時期は変わるかもしれませんが。

ようはユーザーのためにスマートフォン対応ページを作りましょうということですね。

チェック結果、モバイルフレンドリー対応ページと評価されました。
(レスポンシブページなので当たり前ではあるのですが)
スマートフォンが別のアドレスになっているサイトは要修正となります。

 

次が問題の読み込みスピードテスト。

PageSpeed Insights となります。

ウェブの読み込みスピードをチェック!結果は・・・

 

なんと、、25点・・・・
これはGoogleの評価です。
正直、ここまで酷いと思わなかったw

「要改善」ということで、まず画像の最適化を行います。
そもそも画像を現データのまま上げていたんですよね・・・orz

まずは簡単に実施できないかということで・・・プラグインのテスト!

ワードプレスで作成していますので、
ワードプレス対応プラグイン EWWW Image Optimizer を使ってみます。

EWWW Image Optimizer効果・・・

効果は・・・25点⇒31点。
上がりましたが、思ったほどではない。
大きすぎるデータを送っているので、削れる量もわずかということですね。
ツールとしては良いツールですが、ここまでデータサイズが大きすぎると意味がないということで。

ただし、このあとアップした画像についても勝手にファイル削ってくれるとのことでプラグインは有効化のままにしておきました。

 

オンライン圧縮ツールを試す

定番のTINY PNGを使ってみました。オンライン圧縮ツールはたくさんあるので、どれでもいいと思います。

結果・・・

52点まで上がりました。
それでも点数は真っ赤のまま。。

そこで、PageSpeed Insightsを見ていたら、以下の文言が。

ダウンロードしてみたところ、圧縮された画像が。

PageSpeed Insightsの最適化画像をダウンロード

結果・・・

74点まで向上。
流石、Google。

 

結論、Googleが用意してくれたデータが一番早い。

 

サイト制作の一助になれば。
他も対応しなきゃならないのですが、最低ラインは越したということで、情報公開いたします。
アップロードだけなので簡単です。

 

ビルオーナーが教える 管理規則とは

神社めぐり~麹町編~

関連記事

  1. 無料で使えるWEB競合分析ツール

    競合のアクセス数が分かる!?しかも無料で使えるWEB分析ツール当サイト「オフィスビルジャーナル」…

  2. 社会人必見。気軽に学べるビジネスセミナー講義

    社会人も何年か過ぎてきますと、今までしたことがない役職に任命されることがあります。今まで考えたことも…

PAGE TOP