オフィス移転にバーチャル内覧

The following two tabs change content below.
本庄 悠太朗

本庄 悠太朗

次世代型出世ビル 保証コンサルタント

物件選びに最新技術を導入!

物件選定は写真が重要

オフィスの移転を検討する際、今の時代、まずはインターネットで検索して、良さそうな物件があれば問合せる…といった探し方が一般的となっているかと思います。

 

特に、内装の綺麗さや明るさ、広さについては、写真で判断することが多いため、インターネットに載っている写真で実物をイメージできるか否かが重要となってくることでしょう。

問合せするかどうかの判断は、写真がすべて…といっても過言ではないかもしれません。

とはいえ、写真は『真実を写す』と書くものの、実際と大きくかけ離れていることがままあります。写真写りが悪く、実物よりも太って見えるという人もいますし、ネット通販で『良さそうだな』と思って購入したものの、想像と違った…という経験は、皆さんお持ちだと思います。

特に最近では画像加工技術も発達しており、写真加工アプリを使うと、もはや別人のようになってしまう、という例もあります。
写真は、撮る人によって良くも悪くも撮れるので、写真で『良さそうだ』と思っても、実物を見て騙されたこともあるでしょう。

写真で判断し、問合せをし、実際に内覧をして『イメージと違った…』ということを繰り返すと、オフィス探しに多大な手間と時間がかかってしまいます。
逆に、本当は良い物件にも関わらず、写真のイメージのせいで見逃している物件があるかもしれません。

このギャップを少しでも解消できるツールとして今注目されているのが、360度カメラ・VRの技術です!

360度カメラ

例えばTHETA Sなどがあります。ワンボタンで、継ぎ目のない360度写真が取れ、弊社でも活用しています。
https://theta360.com/ja/

今まではわかりにくかったオフィスの広さや、見えなかった後ろ側、天井まで全て見られるようになるため、ほぼ現地に行ったように状況を把握することができるでしょう。

 

VR(バーチャルリアリティー)にも対応しており、専用の機器を使って見れば、まるで自分がその場にいるように、等身大で、周りを見渡せば自由に視界を変えることが出来ます!

 

今、オフィス探しにこの360度写真を導入し、物件検索サイト上に360度写真を掲載する仲介業者も出てきました。

Web上で、オフィスの実際のイメージを体験することができるため、現地を見に行ってもギャップが少なくなることでしょう。

オフィス検索サイトofficee https://officee.jp/detail/44680/233399/

オフィスナビ 360°カメラブログ http://officenavi007.hatenablog.com/archive

 

Web上で「バーチャル内覧」して効率良く物件を選びましょう!

 

事務所リーシングについて

管理会社が考える原状回復レポートその2

関連記事

  1. オフィス引越に段ボールってどのくらい必要?

    初めて投稿させていただきます。「引越」「残置物撤去」担当の株式会社E3岩崎です。「業務にあた…

  2. ビルオーナーが教える 管理規則とは

    オフィスの移転に際し、企業の担当者の皆さまはまず候補物件の選定を行い、おおむね希望ニーズに合致するも…

  3. ビルオーナーが教えるビル選び 耐震基準とは

    旧耐震でも安心?~ビルオーナーが教えるオフィスビルの選び方⑥~オフィスの移転に際し、企業の担当者…

  4. 「上から目線」なんて「もっての外」

    「オフィス移転」「中古買取」「残置物撤去」担当の株式会社E3岩崎です。今日は現場作業中に普段…

  5. オフィス移転をする際に管理部がすべき必要事項

    「オフィス移転の担当者に指名されたら」という話は、以前山本のブログで紹介しました。や…

  6. オフィス移転を判断するタイミング

    こんにちは。近藤です。皆さまはオフィス移転を判断するタイミングはどのように判断をしておりますでしょう…

  7. 敷金(事業用)とは何か及び敷金額の考え方

    オフィス賃貸における敷金とは敷金とは家屋などの不動産の賃貸借で、賃借人(テナント・エンド(法人)…

  8. 管理会社が考える原状回復工事 養生編

    管理会社が考える知っておきたいオフィスビルのあれこれ〜内装工事・原状回復工事:養生編〜入居時…

最近の記事

保証金半額くん
PAGE TOP