「上から目線」なんて「もっての外」

The following two tabs change content below.
岩崎 剛
営業:株式会社E3(エンビプロホールディングスグループ:東証2部上場) 「事務所移転」の「引越」「残置物撤去」を担当。 「残置物撤去」はなるべく「リユース」「リサイクル」を心がけ、 「移転費用全体が軽く」なるようなご提案が得意です。 株式会社髙木ビル様 株式会社日本商業不動産保証様とは 「中古オフィス什器の展示」をきっかけにご協力させていただいています。

「オフィス移転」「中古買取」「残置物撤去」担当の株式会社E3岩崎です。

今日は現場作業中に普段から心がけている
「上から目線にならない」話をさせていただきます。

実は今月、「一日で」、「約35人の作業員」と、「約15台のトラックなので15人のドライバー」
合わせて「約50人以上のスタッフ」が力を合わせるオフィス移転案件があります。

他業種の方には衝撃発言かもしれない事を書きますが。
50人以上が力を合わせる現場で、「当社のスタッフは私1人」です。
私以外は全て派遣社員等、外注です。
オフィス移転の現場ではあたりまえの事なんですが、他業種の方が聞いたらショックかもしれませんね。

制服が統一されているかもしれませんが、派遣社員さんに着てもらっているだけです(笑)。
そこで大事な話です。
よっぽどの事がない限り、スタッフを「怒鳴る」なんて事をしてはいけません。
それどころか「よくがんばったね」なんて「上から目線」の発言もしてはいけません。

「横から目線」で「今日は大変でしたよね。耐えてくれてありがとうございます」
とねぎらうようにしています。敬語を外してはいけません。
「評価」や「同情」をするのではなく、「共感」や「同調」をするようにしています。
その日初めて会うスタッフが多いので、「たった一言で心の距離を縮めたい」と思っています。

作業員スタッフも感情を持っています。前向きな気持ちになれば
「もっと効率的に動こう」「きちんと確認を取ろう」「事故を起こさないように気を付けよう」

と一人一人が心がけてくれるはずです。
結果として「みんなが気持ちよく前向きに働ける現場」になればよいと思っています。

くれぐれも「責任者の私が気持ちよく働く」事を優先させてはいけない。
だから「上から目線」なんて「もっての外」なんです。
そんな高いレベルの心配りをオフィスビルジャーナル一同
全てのお客様にもお届けして行こうと思います。

「ビルオーナー」「保証金の保証会社」「残置物撤去 兼 オフィス移転」
でご用命がございましたら「お気軽に♪」お問合せ下さい。

管理会社が考えるオフィスレイアウトとは

ビルオーナーが教える複数フロア有効活用方法

関連記事

  1. VBの資金繰り計画について その1

    株式会社日本商業不動産保証でリスク管理をみている福井です。以前には「よい会社とは?」「保証利…

  2. 創業に向けてビジネスプランを作成する上で必要なこととは!

    ビジネスプランを作成する上で必要なことは!前回お話ししましたように、創業にまず必要なことは、どの…

  3. 「よい会社」の定義は?

    賃貸オフイス・店舗の賃借人の賃貸契約上の債務を賃貸人に保証する新しいユニークなスキームを提供する株式…

  4. 出資と融資の違い

    出資と融資の違い仕事柄、新設会社やベンチャー企業の方々と接触することが多く、いろんな企業の財務内…

  5. 創業に必要なこと「人材採用について」

    人材採用の考え方創業し、ビジネスが少しづつでも発展してくると、人が足りなくなり、人材採用に踏み切…

  6. VBの資金繰り計画について その2

    株式会社日本商業不動産保証でリスク管理をみている福井です。VBの資金繰り計画について その2…

  7. ビジネスプラン作成に必要な6つのこと

    創業前にやること ビジネスプランについて何よりも大切なことは、どんなビジネスで創業するかです!…

  8. 資金調達〜エンジェル投資家について〜

    2月27日の日経産業新聞の1面に「駆けるエンジェル投資家」という記事が掲載されておりました。…

日本商業不動産保証コーポレートサイトへ飛ぶ

最近の記事

PAGE TOP