ROA(総資産当期純利益率)とは

The following two tabs change content below.
福井 隆雄

福井 隆雄

取締役 リスク管理株式会社日本商業不動産保証
兵庫県神戸市出身 大学卒業後 大手損害保険会社 代理店開発営業 欧州信用保険会社 日本支店開設 欧州金融大手 損害保険会社 保険ソリューションの販売・管理業務 欧州自動車Group 金融・保険ソリューションの販売・管理業務 株式会社日本商業不動産保証 創業に参加趣味:スポーツ観戦(ラグビー・野球)/ ワインの家飲み

賃貸オフイス・店舗の賃借人の賃貸契約上の債務を賃貸人に保証する新しいユニークなスキームを提供する株式会社日本商業不動産保証でリスク管理を所管している福井です。
さて、自分自身の反省も込めてのお話ですが「カタカナ言葉の意味はわかっているの?」と感じていることを書いてみたいと思います。

春到来、少し暖かくなってきて、街中には、少しはやいですが研修なのでしょうか?
新社会人が街中や通勤電車の中にチラほら見受けられる季節にもなりました。

でも、なぜでしょうか? 既に社会人の人と年も格好も違いはほぼないのに、この子は、新人ちゃんなんだなあ~とすぐにわかります。
やはり初々しい、所作や立ち位置に余裕や慣れが感じられない、群れたがる、不必要な?大きな荷物を持っている、などなど...

そう、私も神戸の実家から上京して寮に入ったころはそんな感じでした。
あるいは、かつての自分に比べれば今の若者は随分デキがよいようにも思えます。

 

そこで、本日のお題の自分自身の反省も込めてのお話ですが「カタカナ言葉の意味はわかっているの?」です。
商学部をでて、金融機関に勤めた私ですが、お恥ずかしいお話ですがROA ROEなどとという言葉、多くのカタカナ経済言葉を意味も理解せずにわかっていないこともわからずに使っていたことを思い出しました。

全くセキガンの至りです。

 

ROA(Return on Assets 総資産当期純利益率)とは

ROA(総資産当期純利益率)とは、会社の総資産で どれだけの利益を上げることができるのかを分析するための指標です。

 

ある会社の会社資産(Asset)← これが分母 に対してどれだけの割合(率)で利益(Return)← これが分子があがるのかの指標です。

ROA(総資産当期純利益率)の計算方法

計算式(1)
ROA=純利益÷総資産(株主資本+負債)

計算式(2)
ROA=売上高利益率×総資本回転率

・売上高利益率
売上高利益率=利益÷売上高

・総資本回転率
総資本回転率=売上高÷総資本

ROA=売上高利益率×総資本回転率の計算
ROA=純利益÷総資産(利益÷売上(1) × 売上÷総資産(2))
(1):売上高利益率
(2):総資本回転率
ROA=売上高利益率×総資本回転率

 

ROAは?

ROAは資産効率を見る指標です。総資産 ←(資本金や借入金などつぎ込むお金の全て)に対して年間に何%の利益を出すことができたのかを調べる指標です。

ROAは「売上高利益率」と「総資本回転率」の積となります。

資産の効率性(ROA)は「売上の利益率を高める(利益率)」のと「総資本回転率(効率性)」による計算で求められます。

ROAの高い会社というというのは、利益率×効率性のどちらか、またはその両方が高い会社であるといえます。このように会社の収益性を調査する上で、ROAという指標は非常に重要な指標です。

「ROA=売上高利益率×総資本回転率」でもありますので 売上高利益率はキャッシュマージン、総資本回転率は不良資産(利益を生まない資産)の圧縮で向上できます。利益率を高めること、

不要資産を圧縮することで、総資本回転率が高まります。

 

ROEとROAの違い

ROAと類似する指標としてROEがありますが、

ROEも企業の収益率をみる指標です。ただし、ROEは株主資本に対する効率性であり、ROAは資本も負債も含めた会社全体の資産の経営効率を見る指標となります。

例えば、
A社:資本金1000万円(総資産3000万円) 利益200万円
B社:資本金1000万円(総資産1000万円) 利益100万円

だとします。A社のROEは20%、B社のROEは10%とA社の方が株主資本に対して効率的です。一方、A社のROAは6.6%、B社のROAは10%と資産に対する効率はB社の方が高いといえます

A社の方は株主資本に借入負債も併せて(資産を大きくして)利益を上げている。B社は株主資本のみで無借金経営で一定の利益を上げている。

ただし、A社は負債(借金)が多く、経営に行き詰った場合には利息負担が大きく財務的に脆弱であるとみることもできます。また、B社は本来なら借入をしてそのお金を使って事業拡大をした方が株主利益を高められるはずなのにそれをしていない非効率な経営をしていると判断される場合もあります。

このように、ROEやROAの見方は良い面と悪い面の両方をみることができます。

ビルのバリューアップについて 前編

ビルのバリューアップについて 後編

関連記事

  1. 安田善次郎氏に学ぶ経営について

     安田善次郎氏に学ぶ経営について最近、いろいろと今後の経営方針含め考えることがあり、以前、読んだ…

  2. 出資と融資の違い

    出資と融資の違い仕事柄、新設会社やベンチャー企業の方々と接触することが多く、いろんな企業の財務内…

  3. 思ったことが具現化する

    思考は現実化する私は、人からよく「保証金半額くん」という新しいサービスをよく思いつきましたね?と…

  4. 経営者でも事業家?なのか投資家?

    経営者のスタンスを知るべし経営者仲間で話し合ったりする中で、あの経営者は、事業家だよね〜とかあの…

  5. VBの資金繰り計画について その2

    株式会社日本商業不動産保証でリスク管理をみている福井です。VBの資金繰り計画について その2…

  6. 社会人1年目で学んだこと

    最近、すっかり秋めいてきましたが、上下黒スーツを着た学生さんたちを良く見かけます。この時期、…

  7. 創業に必要なこと「簡潔に自分ビジネスを話す」

    最近、大阪にあります大阪産業創造館の「サンソウカン スタートアップ アワード」にサポーター企業として…

  8. 経験から語る、創業する時に必要なこと

    創業するにあたって、必要なことは、たくさんあるかと思います。実際にどこから手をつけていいか?…

日本商業不動産保証フラットオフィスへ飛ぶ

最近の記事

PAGE TOP