創業に必要なこと「簡潔に自分ビジネスを話す」

The following two tabs change content below.
豊岡 順也
次世代型出世ビル 事務局長/ 株式会社日本商業不動産保証 代表取締役 大学卒業後、国際証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社するが、父が倒れ、家業を手伝う。その後、証券会社に入社し、株式公開引受業務に従事する。主幹事を務めた上場会社と合弁で財務のコンサルティング会社を設立し、社長に就任する。その後、この会社をMBOにて独立。「保証金半額くん」サービスのスキームを考え、そのサービス専業の会社として、日本商業不動産保証を別途立上げ、現在に至る。

最近、大阪にあります大阪産業創造館の「サンソウカン スタートアップ アワード」にサポーター企業として参画させて頂きまた、サポーター賞といたしまして日本商業不動産保証賞などを提供させて頂きました。

ここに関わらず、最近は、創業・起業する方のプレゼンを聞く機会が増えています。
そこで思うことは、簡潔に自分の事業をお話しできる人が少ないことです。

では、なんでそんなに短いお話でまとめる必要があるのでしょうか?

実は、アメリカでは、エレベーターピッチと言いまして自分の事業について30秒で投資家にプレゼンをすることで資金調達することもあります。

エレベーターピッチとは?

投資家に対してエレベーターに乗っている30秒で自分の事業を売り込むことをいいます!

このように自分の事業について簡潔に且つ魅力ある=投資をしたいと思うもしくは、支援をしたいと思うようなお話をする必要があります。

資金調達も、そうですが、人を紹介してもらいたいなど思うことがあれば必ず、人を介して、伝言が発生します。
伝言ゲームではないですが、伝言してくれる人自体が自分の会社についてお話をしてもらうこととなります。
それも正確に伝わるようにしてもらわないといけないので、理解しやすい、わかりやすい事業説明が必要です。

私もどうしても支援してもらいたい人にあった際は、名刺交換の30秒ぐらいで名刺の裏に弊社のビジネスモデルスキームを記載しておりますがそれを使って興味を持ってもらい、

その後日を改めて面談でき、支援をしてもらうことになりました。

是非実践してみてください。

ビルのバリューアップについて 後編

ビルオーナーが教えるビル選び 階段の重要性ご存知ですか?

関連記事

  1. よい会社の私共の見方について

    賃貸オフイス・店舗の賃借人の賃貸契約上の債務を賃貸人に保証する新しいユニークなスキームを提供する…

  2. ベンチャー経営者が知って得する真相②

    ベンチャー経営者が知って得する真相② 第二回 トランプ大統領の誕生の真相について皆さんご存知…

  3. 自分が有利な話題の時は、相手の立場で話す

    「引越」「買取」「残置物撤去」担当の株式会社E3岩崎です。今日は普段から心がけているお話をさせて…

  4. 創業に必要なこと 「資金繰りについて」

    最近、中堅の旅行会社が破産し、旅行客に多大な影響を与えたことは、記憶に新しいと思いますが、企業が破産…

  5. 安田善次郎氏に学ぶ経営について

     安田善次郎氏に学ぶ経営について最近、いろいろと今後の経営方針含め考えることがあり、以前、読んだ…

  6. ベンチャー経営者が知って得する真相①

    日本の人口8000万人を見据えた経済について2月20日の日経新聞の一面に関西アーバン銀行、みなと…

  7. 経営者でも事業家?なのか投資家?

    経営者のスタンスを知るべし経営者仲間で話し合ったりする中で、あの経営者は、事業家だよね〜とかあの…

  8. ROA(総資産当期純利益率)とは

    賃貸オフイス・店舗の賃借人の賃貸契約上の債務を賃貸人に保証する新しいユニークなスキームを提供する株式…

日本商業不動産保証コーポレートサイトへ飛ぶ

最近の記事

PAGE TOP