創業に向けてビジネスプランを作成する上で必要なことは!

The following two tabs change content below.
豊岡 順也
次世代型出世ビル 事務局長/ 株式会社日本商業不動産保証 代表取締役 大学卒業後、国際証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社するが、父が倒れ、家業を手伝う。その後、証券会社に入社し、株式公開引受業務に従事する。主幹事を務めた上場会社と合弁で財務のコンサルティング会社を設立し、社長に就任する。その後、この会社をMBOにて独立。「保証金半額くん」サービスのスキームを考え、そのサービス専業の会社として、日本商業不動産保証を別途立上げ、現在に至る。

ビジネスプランを作成する上で必要なことは!

前回お話ししましたように、創業にまず必要なことは、どのようなビジネス=事業で儲けるのか?です!

前回もお話ししましたが、世の中のニーズにあってるのか?
世の中の人や企業が求めているビジネスなのか?がとても大切ですね!

私の経験で言うと、今、私が創業したときは、偶然の産物でした。
格付け会社の時にある損保会社の人からあるハンバーガーチェーンから依頼を受けたのでその解決策を考えてもらえないか?と言われ、今の事業であり、保証サービスの原型を作りました。
この時、考えたのは、保証サービスを採用するハンバーガーチェーンのメリットとまた同じく採用する不動産オーナーのメリットがあるのか?どうか?

お互いにメリットがなければ自分の考えた保証サービスは、使ってもらえないな!と思いハンバーガーチェーンの人やそれに関連する人にサービスの良し悪しをヒアリングしましたし、不動産オーナーも何人か紹介してもらいお話を聞きました。
新しいサービスなので全ての人が良いとは、言わないですが、及第点をもらえるサービスではないかと自分の中で確信したので、より積極的にサービス内容を詰めていきました。

いかに自分のサービスやビジネスが素晴らしいと思っても、それを受け入れてくれる人や企業が本当に採用してくれるか?やはりヒアリングして裏付けが欲しいですね!
これは、先輩経営者からお聞きしましたがあとは、原理原則としてそのビジネスあるいはサービスが世の中に通用するかどうかを考えてみることも大切です。

創業前というと、いろいろと考えますし、気分も高揚することもあるかと思いますが冷静に第三者からの意見やビジネスやサービスに関連する人に率直に意見を聞くことも大切かと思います。

冒頭お話ししました、創業が偶然の産物になったことは、また機会を改めてお話をさせて頂きます。

 

ワイン家飲み2

ビルオーナーが教えるビル選び 契約面積は二種類あるの?

関連記事

  1. 「よい会社」の定義は?

    賃貸オフイス・店舗の賃借人の賃貸契約上の債務を賃貸人に保証する新しいユニークなスキームを提供する株式…

  2. 経験から語る、創業する時に必要なこと

    創業するにあたって、必要なことは、たくさんあるかと思います。実際にどこから手をつけていいか?…

  3. ベンチャー経営者が知って得する真相①

    日本の人口8000万人を見据えた経済について2月20日の日経新聞の一面に関西アーバン銀行、みなと…

  4. 経営者でも事業家?なのか投資家?

    経営者のスタンスを知るべし経営者仲間で話し合ったりする中で、あの経営者は、事業家だよね〜とかあの…

  5. 創業に必要なこと「人材採用について」

    人材採用の考え方創業し、ビジネスが少しづつでも発展してくると、人が足りなくなり、人材採用に踏み切…

  6. VBの資金繰り計画について その2

    株式会社日本商業不動産保証でリスク管理をみている福井です。VBの資金繰り計画について その2…

  7. ビジネスプラン作成に必要な6つのこと

    創業前にやること ビジネスプランについて何よりも大切なことは、どんなビジネスで創業するかです!…

  8. 創業に必要なこと「簡潔に自分ビジネスを話す」

    最近、大阪にあります大阪産業創造館の「サンソウカン スタートアップ アワード」にサポーター企業として…

最近の記事

保証金半額くん
PAGE TOP