経営者でも事業家?なのか投資家?

The following two tabs change content below.
豊岡 順也
次世代型出世ビル 事務局長/ 株式会社日本商業不動産保証 代表取締役 大学卒業後、国際証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社するが、父が倒れ、家業を手伝う。その後、証券会社に入社し、株式公開引受業務に従事する。主幹事を務めた上場会社と合弁で財務のコンサルティング会社を設立し、社長に就任する。その後、この会社をMBOにて独立。「保証金半額くん」サービスのスキームを考え、そのサービス専業の会社として、日本商業不動産保証を別途立上げ、現在に至る。

経営者のスタンスを知るべし

経営者仲間で話し合ったりする中で、あの経営者は、事業家だよね〜とかあの人は、やっぱり投資家だね!と言った会話が良く出てきます。
正直、その経営者の主義、主張なのでそこが悪いとか良いとか関係ないことを知って読みすすんで欲しいです。

では何が、事業家なのか投資家なのかが大切か?と言うと、その経営者のスタンスを知ってビジネスを進めることが得策です。例えばその会社とアライアンスを組む時とか何かしら交渉をしなければならない時にこの原理原則を知ってるのと知らないのでは、とても差がつきます!

事業家や投資家それぞれ特有の共通した考えは、あります。

例えば投資家ならば、自分が最初から育てた事業でもそろそろ高値になるだろう事業規模の前に途中で売ってしまいます。
大切なことは、自分で作ったビジネスならばどの辺りがテッペン(もしくは限界)にくるか?知ってるのでその前になるべく高値で売却してしまうのが道理です。

また売却した後に新たなビジネスを始めるか?もしくは、すでにあるビジネスを買収して、付加価値を高めてから売却していきます!これはこれでなかなか能力の高い人でないとできないですね!

つまりこのような判断基準で事業をしているので、その人の主義・思考をこの判断基準に照らし合わせて交渉やビジネスをした方がいいと思います。

逆に事業家と呼ばれる経営者ならば、本業をさらに成長させるために、その本業に付加価値が付くと思われること、例えば、他者とのアライアンスや企業買収を行います。
つまり事業家と呼ばれる経営者は、事業の成長・継続に力点を置き、ヒト・モノ・カネをどのように使うかが判断基準になると思います。
いずれにせよ、その経営者自体の主義・思考をよく理解もしくは知っておくことは大切なことだと思います。

敷金(事業用)とは何か及び敷金額の考え方

常駐警備員ビルオーナーが教えるビル選び 管理人編

関連記事

  1. よい会社の私共の見方について

    賃貸オフイス・店舗の賃借人の賃貸契約上の債務を賃貸人に保証する新しいユニークなスキームを提供する…

  2. 安田善次郎氏に学ぶ経営について

     安田善次郎氏に学ぶ経営について最近、いろいろと今後の経営方針含め考えることがあり、以前、読んだ…

  3. 資金調達〜エンジェル投資家について〜

    2月27日の日経産業新聞の1面に「駆けるエンジェル投資家」という記事が掲載されておりました。…

  4. 創業に必要なこと「人材採用について」

    人材採用の考え方創業し、ビジネスが少しづつでも発展してくると、人が足りなくなり、人材採用に踏み切…

  5. 創業に向けてビジネスプランを作成する上で必要なこととは!

    ビジネスプランを作成する上で必要なことは!前回お話ししましたように、創業にまず必要なことは、どの…

  6. VBの資金繰り計画について その1

    株式会社日本商業不動産保証でリスク管理をみている福井です。以前には「よい会社とは?」「保証利…

  7. VBの資金繰り計画について その2

    株式会社日本商業不動産保証でリスク管理をみている福井です。VBの資金繰り計画について その2…

  8. 社会人1年目で学んだこと

    最近、すっかり秋めいてきましたが、上下黒スーツを着た学生さんたちを良く見かけます。この時期、…

日本商業不動産保証フラットオフィスへ飛ぶ

最近の記事

PAGE TOP